Hインフルエンザワクチンについて(2017-18年冬) 
【はじめに】今年もインフルエンザワクチンの接種を10月より開始予定です。2017-2018年インフルエンザワクチンは、WHO勧告を踏まえ、A/シンガポール(新型)、A/香港、B/プーケット、B/テキサスの4株から作成されたものです。
 ワクチンの有効性は、接種後2週間後から約5か月とされ、小児では2回接種が必要です。10月に接種すると4月まで有効と考えられます。
 当クリニックでは、例年はチメロサールなど添加剤を極力抑えたシリンジタイプ(前もって注射器に充填されている)の製品を使用してきましたが、本年度もチメロサールを使用しない製剤は極少量しか供給されず、ワクチン全体の供給量も昨年より少ないとされます。従って、当クリニックでもほとんどがチメロサール含有の製剤になります。
 13歳未満の方では2回接種が必ず必要ですが、その際は4週間隔で行うのがベストです。また、13歳以上の方でも2回接種が勧められますが、本年は供給量の不足のため1回のみの接種とさせていただく予定です。わが国で採用されている不活化ワクチンの主な目的は、罹患時の重症化の阻止です。感染を防ぐことではありません。
 当クリニックでは、一般の診察時間に接種いたしますが、事前にワクチン希望であることを連絡の上(ワクチン確保のため)、接種される当日に順番予約をおとりになり、来院してください。13歳以上の方でもより高い効果を期待される方は、2回接種をお勧めします。
【接種方法】6ヶ月以上3歳未満の方には0.25mLを皮下に、3歳以上13歳未満の方には0.5mLを皮下におよそ2〜4週間の間隔をおいて2回接種します。13歳以上の方については、0.5mLを皮下に、1回注射します。なお、当クリニックでは接種対象を1歳以上とさせていただきます。1歳未満の赤ちゃんがおられる方は、周りの家族の方のワクチン接種による確実な予防対策をお勧めします。
 
なお、保育園等集団生活にすでに参加されているため、接種を希望される方は、ご相談下さい。

        当クリニックの接種費用は以下の通りです。             
年齢 接種回数 費用 
1歳-2歳  2回(2-4週間隔) 1回につき3000円 
3歳-12歳   2回(2-4週間隔)  1回につき3500円 
13歳〜64歳 1-2回  1回につき3500円

 世田谷区在住の1歳から15歳のお子さんには、1回の接種につき1000円の
補助金(予定)がでます。13歳〜15歳の方への助成は1回のみです。
1歳未満のお子様には助成がありません。
助成を受けるには助成書類(当クリニック受付に準備)への記入が必要です。
助成の対象接種期間はH30年1月31日までです。 


Back