Lおたふくかぜワクチンと水痘ワクチン
接種回数が2回に!

日本では、ともに任意接種ワクチンですが、今までの1回接種では十分な感染予防効果が得られず、2回接種が推奨されています。おたふくかぜワクチンでは、MRワクチン同様、1歳過ぎと5−6歳の2回接種、水痘ワクチンでは、1回目接種はMRワクチン同様1歳過ぎに、2回目接種は、3か月以上の間隔をあけて2歳までに行うと良好な予防効果が得られます。

おたふくかぜワクチン
 おたふくかぜに罹患した場合、髄膜炎や脳炎を起こしたり、1,000人のうち1人に難聴を来すことがある。また、膵炎、精巣炎・精巣上体炎(睾丸炎)、卵巣炎などの合併症もあり、ワクチンによる予防が重要です。

接種方法:接種時期は、1歳過ぎで集団生活に入る前に1回目接種を行い、小学校入学前に2回目接種を行います。

副反応:弱毒生ワクチンのため、自然罹患時と同様の症状を来すことがある。無菌性髄膜炎;1,200人に1人の割合(自然罹患時10〜20人に1人の割合)、難聴;数十万人に1人程度(自然罹患時1000人に1人の割合)、発熱や耳下腺の腫れ;数%(自然罹患時100%)。また、他のワクチン同様ごく希にショック・アナフィラキシー様症状がある

予防効果:1回接種で約90%との報告が有るが、日本小児科学会等では2回接種を推奨している。2回接種でほぼ100%になるものと考えられる。
水痘(みずぼうそう)ワクチン
  日本において毎年約80万人が罹患し、その内の約3000人が入院する。治療薬があるにもかかわらず死亡に至る患者も十数人にのぼる。また、成人、妊娠女性や免疫低下状態の人が罹患した際には、重症化や先天性水痘症候群、新生児水痘など重篤な病気をおこす。予防接種で防ぐことが賢明です。

接種方法:接種時期は、1歳過ぎで集団生活に入る前に1回目接種を行い、1回目接種から3か月あけて2歳までに2回目接種を終了することが勧められます。

副反応:ショック・アナフィラキシー様症状や血小板減少性紫斑病がみられることが皆無ではない。接種直後から接種局所の症状(発赤・腫脹・痛み)や発熱、発疹などが約7%にみられる。また、弱毒生ワクチンのため接種1-3週間後に発熱、発疹・水疱が出現することもある。

問題点:
1回のワクチン接種で、約90%以上の人が抗体を獲得できるが、ワクチン接種者のうち20%弱に軽症ながら流行した際に水痘を発症する。2回接種でこのようなことが回避できるものと考えられる。


Back